会費・規定

ご入会はこちら

無料会員入会サイトへ

有料会員入会サイトへ

関連サイト

  • 携帯配信設定
  • YHYブログ
  • 225資料
  • 大阪証券取引所
  • 楽天証券
  • クリック証券
  • カブドットコム証券

会員グレードと料金

証券会社と正式契約締結

当社では正式に証券会社と契約を行い、API接続の許可を頂いて全自動で稼動する売買ロボットを開発致しました。各会員グレードによりその機能は違ってきますが、PCを立ち上げていれば貴方に代わってRobotが、各利用者の設定内容に従って指定証券会社と自動取引を行います。

もちろん、手動であれば情報画面をリアルタイムに参考にして頂きながら、全ての証券会社と取引が出来ます。

当サイトは、業法遵守を掲げ、現在はロボットソフトの販売のみ受け付けております。
ご利用には、投資助言会社(ファーストメイクリミテッドの契約が別途必要です。

会員グレードと内容/特典

会員グレード内容/特典閲覧可能テーブル
無料会員無料ページ。抽選でロボット無料貸出し。過去の実績、説明
有料会員ロボットソフトの販売のみAPI接続、リアルタイム自動監視、各種設定*1による自動利確、損切り、ドテン機能他。
別途投資助言会社との*3契約必須3種の分析モード*2

当社は、ロボットソフトの開発と販売のみ行い、投資助言は行いません。
ご利用には、別途投資助言会社(ファーストメイクリミテッド) のデーターサービス会員契約が必要です。
ロボットソフトをインストールしていただき、損切りなどの自己設定以外、情報の受信には特別な設定は必要ありません。但し、通信の状態やユーザーのシステムの関係から表示が数秒から数十秒の遅れがある場合があります。自動ロボットは通常時には、各モードごとにラージ1枚(ミニ10枚)までの制限がかかっています。

  • *1:Robotでは各種設定という補助画面を表示し、ご利用の証券会社に損切りや利益確定の機能が自動で作動します。また、ソフトにより自動で損切りやピーク利益からの反転時に利益確保の決済をします。同時に証券会社の注文画面やロボットにより清算注文も可能です。他に、超大量発注の自動分割連続発注や夕張り戦略への自動乗り換え機能も設定できます。反対に動く相場に対し、損切りや利益確定が指定価格で自動的に実行されます。あああ〜っといってる間に、又はふんぎりが付かずマウスがクリックできなかった・・・というときに対処できます。尚、指値での注文はできません。証券会社のサイトから発注してください。
  • *2:デイトレ、NS、夕張の3つの分析モードがあり、それぞれ個別に、同時に動作可能。
  • *3:ロボットは、投資助言会社(ファーストメイクリミテッド)のリアルタイムデータ配信サービス(データーサービス会員)契約による配信を受けて起動するため、ロボット単体では起動しません。必ず、データサービス会員お契約をお願いします。

その他:1日オーバーナイトコースとは、夕張トレードとも呼び、夕場寄りつきで仕掛けて翌日の大引けで必ず清算するミドルリスクミドルリターンのトレードです。各場の寄り付き、引けの前10分間程度には、パソコン、ロボットを立ち上げておきましょう。又、ロボットには手動機能の他に自動で動く3つの戦略が搭載されています。自由に選択又は、資金に余裕があれば複数戦略を同時にご利用下さい。

注)本ホームページの各ページの資料の全ては、証券取引法に基づく開示資料ではありません。経済情勢などや株価の急激な変動などの元本割れリスクに対する懸念も十分ご理解のうえ、あくまでも、自己責任で投資してください。また、当方は証券会社とは異なり、投資者保護基金には加入しておりません。尚、当分の間は当情報は機械的に出力される計算値などの無料公開情報であり、投資に対してなんら助言、勧誘をいたすものではなく、また投資利益の保証をいたすものではありません。(現在、投資助言・代理業の免許申請準備中)


会費

会員規定

第1条(目的)
日経先物専用(YHY式投資)システム』(略して225YHYサービス)入会規約(以下 本規約)は『225YHY:225ワイエイチワイ』(以下 当方)が提供する会員情報サービスを利用する、当方会員の規定を下記のように定め事を目的とします
第2条(会員)
1.当方は、本規約を全て承認して入会を申し込み、当方がこれを承認した方の中で、当方に所定の購入代金の入金が確認された方のみを会員として認めます。
2.当方は以下の項目に該当する申し込みを承認しない事があります。
3.又、既に入会を承認した会員で在っても、以下の何れかの項目に該当、又は該当していると考えられる場合には、当方は該当する会員への通知をすること無しに当会員の資格を停止し、これを取り消す事ができます。
この場合、既に当方に入金された会費は全額払い戻さない事とし、その方はいかなる理由をもってもこれを請求する事は出来ない事とします。又、当方は承認拒否、会員資格停止、取り消しの理由を詳細には開示しない事があります。
1)申込みに際して虚偽の記載、又は記入漏れがあること
2)申込者が、申込みに係わる契約上の債務を怠る、又はそのおそれが大きい場合
3)当方の提供する情報の改ざんを行なったり、他に公開した場合
4)当方の運営を妨害した場合。ID/パスワードの不正使用をした場合
5)当方の著作権及び知的財産権侵害した場合
6)当方への会費の支払い債務を延滞した場合、及び各種手続きが完了されていない場合
7)当方が会員とすることを不適当と判断した場合
第3条(会員資格)
当方は、申し込みされた方の購入代金の入金確認をもって、会員に確認メールを発送します。その当日を持って、当会はその対象者を会員と承認するものとします。又、当方会員は所定期間の間、当方会員の資格を有するものとし、契約の解除日をもって資格を失効します。
第4条(届出の義務)
会員は入会申し込みの際届け出た内容に変更あった場合には、これを遅滞なく当社に届け出る義務があります。尚、これを怠った事により当会員が不利益を被ったりしても当会員に対し一切の責務を負わないものとします。
第5条(会員資格期間)
当方は以下の通りに会員資格期間を定めます。入会手続きをした後、入会確認メールを各会員へ発行した日から暦日で1ヶ月単位です。資格終了月の同日の前日までが有効期間となります。
第6条(会員の継続)
会員資格の継続を希望する場合には、概ね有効期間終了日5日前までに継続申し込み手続きを完了してください。更新しない場合、閲覧情報に制限をかける場合があります。ご注意を下さい。尚、一度でも会員になった方が、再開を希望される場合はご連絡ください。同じID、パスワードが利用できます。
第7条(会費)
現在会費はありません。
第8条(会員情報の守秘義務)
1)当方は会員情報を決して本業務遂行に必要な相手先以外の外部へ漏らさず、以下の場合を除いてその秘密を厳守する義務を遂行します。
法的根拠に基づいて請求された場合
金融機関からの要請があった場合
2)当方は会員の情報の漏洩等を防ぎ、安全保護処置をとる様、以下の通り対処するものとします。但し、当方に対して2ヶ月以上の会員の滞納がある場合は、それをリスト化し、必要に応じて金融機関などには公開する場合があり、当該会員はその事に対し、何ら不満を訴えないものとします。やむを得ず、外部に業務を委託する場合には守秘義務の徹底を計ります。
第9条(サービスの停止)
当方は、当会員に提供するサービスの保守、管理上、及び 、プロバイダ、電気通信事業者の都合等によって、本サービスの一部または全ての提供を一時停止することがあります。
また、当方はサーバー、ネットワーク機器、回線などの故障、停電、天災などにより停止する事があります。
更に、ロボットソフトには、まだ確認されていない不具合が含まれています。
以上の理由によって当サービスの提供が中断、遅延されて、その結果会員が当サービスの利用不能によって損害、または情報の減失、損壊等の損害を被った場合、当サービスの停止期間が5日以上になったとしても当方は一切の責任を負わないものとします。なお、当方で事前に本サービスの一部またはすべての提供を停止することがわかっている場合は、 あらかじめホームページのトップページにてご連絡いたします。その場合は、全てについて免責となります。
第10条(責任と禁止行為)
当会員は、当サービスにおいて以下のような行為をしてはならないものとします。以下の禁止行為を行った場合、その行為に関する責任は全て当該会員が負うものとします。また、それらの行為によって当社に損害を与えた場合には、当方は当該会員に対して損害の賠償と請求をできるものとします。
また、第三者に損害を与えた場合には当該会員は各会員が自身で全責任を負うものとし当方はその一切の責任を負わないものとします。
1.公序良俗に反する行為、または法律に違反する行為
2.当方の信用を傷つける行為
3.他の会員または第三者に不利益または迷惑を与えるような行為
4.他の会員または第三者の財産、プライバシーを侵害する行為
5.他の会員または第三者を誹謗中傷するような行為
6.当方の財産、著作権等を侵害する行為
7.当方のシステムを妨害する行為
8.その他、当方が会員として不適当と判断した行為
第11条(退会)
退会を希望する場合には事前にメールまたはFaxで申し出た時、退会できるものとします。
第12条(法的根拠)
当会員資格は一身専属性とし成人である当該会員本人のみを有資格者とします。本規約の成立、履行、並びに解釈は日本国内法に準じます。会員、及び当方は相互間で本規約について訴訟の必要性が生じた場合には当方の所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第13条(免責)
当方が提供する情報サービスを基に投資を行なった会員が損失を被ったりしても当方はその一切の責任を負いません。一方で、当方が自ら当システムを評価するなどの目的で、会費の中から一定金額を日経225先物に実際に投資することが有ります。その場合の損益については、一定の情報開示は行いますが、投資方法及び投資結果または利益処分などの決定については一切会員に関与が無く、当方が一法的に決済できるものとし、また、その損益の処分をいかなる方法で行っても、当方は会員に対し一切の責任や義務を持ちません。
本規約は2014年12月01日より効力を発効します。